« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月16日 (日)

待つ

「砂が落ちてから、カップに注いでください」と。
寡黙な夫婦がパン工房に併設されたcaféで接客してくれました。

Tea_time

大人の、それも女性の大人なら味が分るのではないかと。

舌が子供の私には評価不能(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

潮止まりの釣り

8時、出航。

良ナギ。
空も海も明るい。

100515【画像:上】
空気が澄み、羊蹄の山肌が近くに見える。

【画像:下】
70m根をさぐる。
根釣り名人のN船長からは、『70m根で釣れたよォ』と無線。
私は、以下の言い訳を考えながら竿を出していた(^^;

「本日、大潮だがKON-chan号の出竿は潮止まり時刻。 釣りはやり易いが釣果は伸びない。」

13時、沖上がり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

小さな魚に遊ばれているだけかもしれない(^^;

4時前に出たボートの船長曰く、『既におもだった根の上には船がいて竿が出ていた』と。

今日、早い時間帯はソイの喰いがよかったようだ。

KON-chan号の出航は7時。

100509

【画像:上】
今日の出竿海域はこんな景色が見える所。
水の色は明るいが、一昨日の大雨のせいで大量の雪代が入ったせいだろう、濁りがきつく、水面下1mの仕掛けはもう見えない。

右艇は沖ソウハチの帰り。
ソイを5本だか6本だか掛けて早上がり。

左艇は、最新GPS魚探を艤装後の試運転。
27ノットでも底を取れるとのことで満足気の様子。

【画像;下】
魚はいるようで竿先をピィンピィンと振動させるのだが、針掛かりさせることができず。

小さな魚に遊ばれているだけかもしれない(^^;
5本掛けたところで竿納め。

11時30分、沖上がり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

ソウハチ好釣

遡上間近のサクラマスを狙って虻田沖に出た船や、岸に寄り始めたマガレイを狙って長万部海域に向かった船もあるようだ。

KON-chan号は東経141°線上、80mちょいの海域へ。
8時30分、出航。

昨年の5月5日はソウハチの好釣日。
今年の5月5日もソウハチの好釣日。

100505_2

本日、立夏、ベタナギ。
タナ浅く、ソウハチ入れ食い。

11時、海域離脱。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

未成線を行く

小型船舶操縦士2級(旧3、4級)免許の航行区域は、海岸から5海里(約9.3km)以内。
海峡だと、その中心線から5海里以内に岸があれば、すなわち幅が10海里(約18.5km)以内ならば2級免許で渡れることになる。
渡島(亀田)半島南東の戸井町(注1)の汐首と本州下北半島最北の大間崎間は津軽海峡最狭部で17.5km(約9.4海里)。
従って、発着を汐首・大間崎とする航路を取れば、2級免許でも津軽海峡を渡ることができる。

海峡が狭いということは軍事の要諦でもあるということ。

ここに監視所や砲台を設けようというのは自然な発想だろう。(現に、対岸の大間には明治の時代から旧海軍防衛所があった)

汐首岬の要塞化(注2)のために’37年(昭和12年)から建設を始めたのが戸井線(注3)なのだが、29.2km中の9割26km強の軌道床ができ上がった時点で建設を中断している。
理由は資材不足。
’43年(昭和18年)のことで、すでに日本にはレール製造に回すだけの鉄材がなかった。(注4)

軌道床上にはたった1mのレールも敷かれることなく、以降、荒れるにまかせるのみ。

戸井線は未成線である。
その戸井線を家内と。

100503【画像:上】
恵山岬灯台。

戸井線に会うには、森町で国道5号から278号に乗り換え恵山岬を回らなければならない。

KON-chan号の経済速度で巡航1時間半でこの灯台を見るが、陸上から見るのは初めて。
この灯台を見る海域はマダラの好釣場。

100503_3【画像:中】
未成の戸井線の連続アーチ橋。
右端に見えるのは汐首岬灯台。

戸井-大間は青函トンネル建設の最有力ルートであったので、戸井線建設再開もあり得た。
だが、技術的理由によって青函トンネルルート候補から、戸井-大間は外された。

【画像:下】
未成線を背中にすると、汐首の海岸。


(注1)

'04年(平成16年)、戸井町は、恵山町・椴法華(とどほっけ)町・南茅部町とともに函館市に編入されている。

(注2)
船舶の空襲被害を防ぐため、青森-函館航路の航海時間を短縮することも大きな目的だった。
青森-函館だと航海距離は約60海里、それが戸井-大間だと10海里。

(注3)
函館本線五稜郭駅(函館駅をひとつ下った駅)から分岐し、8駅の新設が計画された。

(注4)
汐首の対岸でも、むつ市から大間までを結ぶ大間線の建設が進められたが、やはり’43年、資材不足を理由に建設が中断、戸井線同様、結局、未成線となった。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »