« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

スモークソウハチ

ソウハチの燻製。
アグネス船長がお作りになったもの。

100425

これはもうプロフェッショナルのセンスとわざです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

尾頭(おかしら)付きソウハチ船上干し

9時、出航。

地球岬と恵山岬を結ぶ線を2/5くらい進んだ海域、東経141°線上でソウハチ。

100424出竿開始時は、かすみの向こうにあった駒ケ岳だが、やがて空が青くなり、山容があらわになった。

日が差し、風もぬるくナギ。
魚探の反応も悪くない。

但し、シーアンカーを投入しなければ釣りにならず、手前船頭だとこれが億劫。

それもあって、掛けようと思えばもっと掛けられたと思うが、掛けようという気にならない。

12枚あげたところで、海域離脱。
以降、根回り。

水の濁りがいくらか取れたようだが、水温はまだ冬。
冷たい。

100424_2【画像:上】
船上干し。

春日和さんのブログで紹介されている要領で尾頭(おかしら)付きに造ってみたが、手が思うように動かない。
これが、思ったより結構大変な作業(^^;

【画像:下】
ソウハチ仕掛けを根に入れる。
この頃から、風が止まり、潮も動かず。

釣りやすいのだが、船が流れずポイントをさぐれない。

14時、沖上がり。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

絵鞆マリン倶楽部 安全祈願祭

寒い寒いと始まった4月でしたが、それでもやはり春は春。
神事が終わると同時に来た雨もすぐに上がり、ヒバリのさえずりも聞こえるこの時期らしい陽気となりました。

『医者の不養生』とは、人に健康を説いてる者が、実は不摂生な生活をしているさまを笑うこと。
ですが、こと健康と安全については、不養生の医者が人に健康を説くように、自分自身のことを棚に上げて人にものを言っても笑われないでしょう。
今シーズンも健康で安全に過ごしましょう。

画像は、ボートヤード清掃後の神事。

100418_2

以下の方々から金一封、神前供物・御神酒をいただいております。
ここに、ご報告させていただくと共に感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

 岩佐マリンさん
 加地(勝)さん(かもめ船長)
 桜庭さん(倶楽部顧問)
 敦澤さん(Happy船長)
 藤田さん(MEGUMI船長)
 室蘭民報さん
 渡辺さん(Jaguar船長)
                                    (以上、50音順)

さて、本日のパワーランチも献立立案と調理采配はKコック長。
パエリア、ホタテ飯、豚汁、ジンギスカン、焼き鳥、アスパラベーコン、ポテトフライ、焼きソバ、焼きソーセージ等々。

調理作業者へのおやつは、イチロ船長が作ったスケソウ干物。
私は初めて食べましたが、大変美味でした。
ありがとうございました。

100418_3

【画像:左】
パエリア。
理系のKコック長、水の量を指示するのに、『6×何とか』
この〝何とか〟が小数点の付くシビアな数値。
誰かが、『計算機!』

【画像:右】
雅Ⅲ船長が、お手製のポテトサラダとビールを持って来てくれました。
美味。
ありがとうございました。

100418_4【画像:左】
役員のSophia船長贈呈のコンロが快調。
豚汁、ジンギスカン、焼き鳥、アスパラベーコンはこのコンロで調理されました。

100418_5【画像:左】
パワーランチ風景

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

ソウハチもソイも

6時30分、出航。

ソウハチは、日高沖から胆振沖へ東から西へと浮く海域が移動する。
昨日は東経141度15分で浮いたらしい。
であれば、今日は141度05分あたりで浮くだろう、と考えて竿を出したがスカ。

アグネス船長から、『21分、60m、岸寄り』の無線。

魚の事情は魚にしか分からない(^^;

結局、実出竿は8時を過ぎたが、21分海域、本日ナギ良くソウハチの喰いも良く、船中200枚。

10時45分、海域離脱。
以降、根回り。
こちらも好釣。
14時、沖上がり。

100417

【画像:上】
本日の同乗は、随分以前、マガレイ釣りでご一緒した同じ職場のTさん。
浮きソウハチ釣りも根釣りも初めてと言っていたが、クーラー満杯で下船。
お疲れ様でした。

【画像:下】
朝方、某大型遊漁船がイタンキ根に入っているのを見た。
だから、そのあとに入ってもどうかなァ、と思ったが。

イタンキ根、魚影濃く好釣。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

こんな日は釣れそうなのだが・・・

今日の日の出は5時04分。
年初1月1日の日の出は7時05分だったから、これをとらえて、『2時間余計に竿を出せるようになった』と感じる人は幸せな釣師だろう(^o^)

日の出から4時間も過ぎた9時近く、竿をかついで家を出た。

100410

風が湿っている。

絵鞆展望台から見る外海は、海も空も輝きの無い鉛色で、海と空を分ける水平線が芯の丸まった6Bの鉛筆で描いたように太い。

こんな日は釣れそうなのだが・・・

潮の引いた恵比寿島付近ではウニ漁。

雨が落ちてきた。
本日、出航せず。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

ガヤ(エゾメバル)、好釣

ガヤガヤとうるさいほど獲れるのでガヤという名前が付いたと聞くけれど、私が釣りを始めた10年くらい前から今に至るまで、私の竿には、年に数尾しかガヤは掛からない。

かなり以前、某現職漁師さんに聞いた話。
『ガヤを獲るのに500万で網をそろえた。 儲けが500万になった頃、ガヤがさっぱりいなくなった。 〝潮〟が変わった。』
30年以上も前のことらしい。

〝潮〟がどうなったのかも、ガヤガヤとうるさいほどガヤがいた頃のことも私は知らない。

本日、ガヤ(エゾメバル)好釣。

9時20分、出航。
13時、沖上がり。

100404

【画像:上】
今日の出竿海域はこんな景色の見えるところ。

南寄りの風に押されて、船が北北東に落ちる。
北北東に落ちては、南南西にのぼる。
ナギはどんどん良くなり、日はかげることなく、耳が日に焼けて痒くなるほど。

【画像:下】
ガヤ(エゾメバル)15尾。
ソイ、14尾。

サビキ仕掛けを使えば、もっと掛けることができただろう。

が、上品に(^^)

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »