« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

上限1000円、最初の日曜日

今日は素晴らしいナギだったようで。
沖に出たかったなァ。

今日の私は、所用で札幌往復(注)
昨日からETC搭載車の土日祝日の高速料金の上限が1000円となって、今日はその最初の日曜日。

朝の下り線(室蘭→札幌)はいつもと違っているとは感じなかった。
夕方の上り線(札幌→室蘭)も、道路上はやはりいつもと違っているとは感じなかった。
渋滞がなく、特にアクセルワークを必要としないで定速走行ができている場合は、自車線上の車の数の多少を定量的に把握するのは難しいからゆえ、そう感じたのかも知れない。

が、給油のために入った輪厚PAには結構な車両数が駐車していて、これはやはり上限が1000円となったことが影響しているのかな、と。
上り線(札幌→室蘭)走行中に、そんな目で見てみると、対向の下り線(室蘭→札幌)上の車の通行量がいくらか多いようだ。

090329
画像の手前は上り線側輪厚PA、向こう側が下り線、タイムスタンプは17時24分。

ETCゲート通過時、車載器は、確かに『料金は、1000円です』と告げた。

(注)

私の札幌往復は年に5回から10回くらい。
9時前後くらいに登別室蘭ICから入り、札幌南ICで降りる。
帰りは、17時前後くらいに札幌南ICから入り、登別室蘭ICで降りることが多い。
通常料金は、2800円。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

シケ明けの太平洋へ

大したこともしない内に、サクラマス釣期が過ぎてしまった。
と思っていたら、今日は浅いところに大群がいたらしい。

KON-chan号、今日は根釣り。
9時、出航。
シケ明けの太平洋へ。

久し振りの釣行のせいか、波のせいで船が大きく揺れるからか、手がいつものように動かない。
しょっぱなから、仕掛け一式を海に落とす(^^;
更に、ライントラブル(^^;
船上に、釣り準備が整ったのは10時近く。

090328_3もとより、インチクを使える海況にない。
今日の風と潮だと、根の上や根の周囲に、つまり根にいる魚が喰い付く範囲内に船が流れている時間は長くても30秒。
この時間内に、仕掛けを50m沈めて魚に喰い付かせなければならない。
魚の気配は濃いのだが、KON-chan号の装備力で手前船頭の釣りをするとなると、この、仕掛けを30秒以内にポイントに沈めるという作業がなかなかうまいこといかない。

本日、オオナゴとワームを使用。
仕掛けの全半損、5組。
これぐらいがKON-chan号らしい上品な釣果。
オオナゴで2尾、ワームで5尾。

14時、沖上がり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

10時半までは竿頭

6時、出航。
今日もマス。
ナギ良く、25ノットでサクラマス漁場へ。

前にも書いたように、太平洋胆振海区のサクラマスライセンスは日の出から正午まで。

本日の同乗者は、斉藤プロとR&M号船長のHさん。

18′ 106メートルからスタート。
10時半まで、船中3本。
その全てが、私の竿に(^^)

残り1時間半となったところで、ちょっと移動しましょうかァ。
と、16′ 106メートル海域に入った。

残りわずか1時間半。
その上、5本に対する8本といった隔たりに比べ、ゼロに対する3本という、この隔たりは大きい。
船頭がゲストより釣果が多いというのはまことに忍びがたいが、私がプロを上回って本日終漁となるのは確実。

で、正午。
船中10本となっていた。

090301_2Hさん、おめでとう。
ゼロだったのが1本になって終漁。

私は追加なく3本で終漁。
ま、こんなもんでしょう。


なんと、プロ、残り1時間半で、ゼロだったのを6本にして終漁。

私が竿頭だったのは、10時半まで(^^;

【画像:上】
結束バンドを巻いてあるのがプロの釣果。

【画像:下】
幅広マスを手にして、斉藤プロ。


今日の私の仕掛けは、斉藤プロが作ってくれたもので、プロが使っているものと全く同じ。

我が未熟さを再認識(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »