« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

再び、炎月

9時30分、出航。

遅い船出に加え、地球岬から向こうは波がきつく、太平洋のマス海域には行けない。
近くの根へ。

再び、SHIMANO炎月ボトムシップ160g

1投目、小さいながらも狙い通りにソイがきて、いい気分。
が、インチクには、何もソイだけが喰い付くわけではないようで、そのあとは、カジカ、カジカ、ホッケ、スケソと、こちらの気分に合わない魚が続いて、やる気喪失。

11時、沖上り。

090131_4倶楽部ハウスで 、『ソイ30本』と、N船長。
更に、『50センチオーバーが、・・・・・・』

ゲッ、N船長が釣り上げたあとの根に、KON-chan号が入っていたわけでは・・・(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

タラコ作り

胆振海区でのサクラマス釣りでは、スケソが付き物。
いくらでも掛かる。
ところが、18日、KON-chan号出竿海域にはスケソが不在。
マス釣りには都合が良かったのだが・・・

090119 昨年は随分とタラコを作り、それがなかなか好評だった。
もっとも、『素人が作ったにしては』という枕言葉が付いた上での評価で、白老の水産品加工会社製のタラコの味には、とうてい追い付くものではない。(そりゃァそうだ。金を取れる商品に仕上げるための知識と技術が専門業者にはある)

それでも、スケソを釣り上げ、それをさばき、塩蔵に至るまでの全ての工程を作業した者としては、わずかながらでも好反応を得たことはやはり嬉しい。

みたいなことが背景にあり、昨日18日、サクラマス漁場からボーズでの帰り、ソイの根に入る前に、スケソ漁場にちょっとだけ寄り道して、仕掛けを下ろした。

スケソのオス・メスの区別は胸ビレで判断できる。
胸ビレの短いのがメス。
という知識は、イタンキ沖スケソ漁場では必要ない。
ここには、メスしかない。
掛かるのは全数メス。
その気になれば、100でも200でも釣れるのだが、7尾でストップ。

今回も、『函館なまりの方』の要領でタラコを作った。

熟成過程で、昆布でおおって味を足すというところが工夫を少し加えた部分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

釣れない釣りはつまらない(^^;

8時出航。

胆振海区のサクラマス釣りのライセンスは日の出から正午まで。
漁場まで1時間から1時間半を要するから、8時の出航だと全くの出遅れ(^^;

だけれども、白老沖太平洋サクラマス海域へ。
ナギ良く、27ノットの高速航海。

090118_4

サクラマスのポイントというのは広くぼやけていて、どこで竿を出したらいいのか分からない。
分からないから、『バタバタッと釣れました』と情報をくれた僚船の近くへ。

24′、113m海域で出竿。

『バタバタッと釣れました』と連絡をくれたのは、画像中央、青いスパンカーを伸展しているカッコのいい船。
この船では、6本あがったとのこと。

KON-chan号では魚信なし。

正午のライセンス制限時間まで、この海域で毛鉤を泳がせたけれど、スケソさえ掛からず。
サクラマス釣りは、そんな釣り。
釣れない釣りで、つまらない釣り。
と、悪態つきつつ、海域離脱。

090118_3 帰航時、根に寄り、釣れる釣りを実行。
14時沖上がり。

マリーナに着いたら、9本だか10本だかあげた船もいて、竿を持つ人によっては、サクラマス釣りというのは、釣れない釣りで、つまらない釣りではないらしい(^^;

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

年始の釣り'09 Ⅱ

090103予報では、釣りができる風ではなく、夜明け前の白鳥大橋の風速は9メートル台。
それが8時頃には、4メートル台に落ちた。

日も出て、空は明るくナギ。
8時30分、出航。

トッカリショ沖根に入ったのと、丁度同じく風が降りてきて、波の頭が白くなり予報通りの悪海況に。

イタンキ沖根に某大型遊漁船が見える。
あちらは大型船。
こちらは小船だから、この風と波の中では釣りにならない。
なので、港に近い根まで戻り、そこで竿を出した。

昨日までうるさかったスケソが、なぜか今日は姿を消した。
だけでなく、一緒に根付きの魚も姿を消したようで、アタリが少ない。

SHIMANO、DAIWAときたから、今日のインチクはYO-ZURI STタグリ鉛笹型2L。

10メートル沈むのに約7秒かかる。
この沈降速度がいいのか、フォール中にヒット。

10時30分、沖上がり。


090103_2

| コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

年始の釣り'09 Ⅰ

今日の予報は良くなかったけれど、今朝、チェックしてみると白鳥大橋の風は6mを切っていた。
ということで、9時30分出航。
11時30分沖上がり。

実は昨日も12時から13時まで、海の上で竿を出していた。
どこに仕掛けを入れても助宗タラのみ。
全数リリースした。

今日も防波堤を出るとすぐに魚の反応があるが、昨日同様、その反応はスケソ。
〝根〟の上にもスケソがかぶさっていて根釣りにならない。
ならないけれど、しつこく仕掛けを投入。

090102昨日今日で、スケソのリリースは50以上。
スケソを掛けてはリリース、掛けてはリリースし、やっとソイを2尾。

昨日も今日も仕掛け・オモリの損失が無かったということを良しとしたい。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます

旧年中は、海でも陸でもお世話になりました。
昨年同様、今年も宜しくお願いします。

昨年は健康で安全に過ごすことができ、随分とたくさん航海し釣りをすることができました。
その全てが、楽しい時間でした。
今年も健康で安全に過ごしていきたいと思っています。

090101 今年も、こんな楽しい釣りをしたいと思ってます。

正月でも(と言うか、休みの長い正月だからこそ)沖に出たいのですが、シケ模様の年明けとなり、それは叶いません。

で、この年末に会社を定年退職された方から、以前にいただいていた釣りのビデオテープをもう一度見ながら、ディスクに焼き落とす作業をしようと思っています。

シケの正月を過ごすには、こんなのも釣り師らしいかなァと(^^)

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »