« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

'08 楽しく釣りができました

冬型の気圧配置からくる強い西北西の風が4日間続き、今日はそれが落ちて午前中はナギる予報でしたので、〝根〟で竿を出すつもりでいました。
確かに、風向きが西北西から西南西に45°変わり、気温もプラスとなりましたが、本日早朝、絵鞆に住むH号船長から、『風が強い』との電話があり、出漁中止に。

081230_2というわけで、家内と入ったレストランのランチメニューにソイ料理があったので、それを食べることで釣りに出たかわりとしました。

地球の1年というのは、人の生活サイクルとしては短すぎるんじゃないかと、年の瀬になるたび思います。
木星の1年は地球の12倍あり、土星の1年は地球の30倍あるそうです。
さすがにこんなに長い1年は自分には扱い切れないなァと思いますが、オリンピックや米国大統領選挙の間隔の4年くらいの期間が1年ならば、これは人の生活サイクルに適しているんじゃないかと。
ま、私の感覚ですけど(^^;

さて、今年も楽しく釣りができました。
ボーズで帰ってきた日もありましたが、そんな日のことも含めて、この1年の釣行・釣果には充分満足しています。

私は、〝楽しかったこと以外は頭に残らない〟というオメデタイ性格。

1年が長いと振り返る機会が少なくなります。
だから、こうして『楽しかったなァ』と振り返る機会が多い、今のままの365日(今年は366日だったけれど)で1年が巡っていくというのが私にはいいのかも。

私は、〝楽しいこと以外は考えない〟というオメデタイ性格。
いい年を迎えるつもりでいます。

皆さんも、良いお年をお迎え下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

ただ巻けば、おのずと道は開かれん

081221昨年の秋、僚船SR号がそれを使って好釣果を出したのを見て、初めてインチクというものを知ったのだが、私自身はそれを使おうと思ったことはなかった。

インチクは、重いものでも200グラム(50号強)。
入手しやすいのものだと、170グラム(45号強)程度しかない。

手前船頭で釣りをする場合、KON-chan号の装備力では、操船と竿さばきの両方を同時にはできない。
だから、重いオモリを使って素早く仕掛けを沈めないと、ラインが海中を斜めに走り、釣りにならない。
なので、私が沖根(水深50~70m)で使うオモリは軽いものでも380グラム(100号)。

これが、私がインチクに手を出さなかった理由。

ところが、同じ事情の終日(ひねもす)さんが、最近、インチクを“使いこなし”て、好釣果を連続している様子。
いや、特に“使いこなし”が必要なわけではないらしい。

終日さんからのメールによれば、
   インチク超簡単!艫流しでラインが斜めでも
   そんなの関係ネェ~ ~ ♪
   ただ巻けば、おのずと道は開かれん。
とのこと。

このメールの内容は事実で、14日のKON-chan号でのインチク初実釣でも、『ただ巻けば、おのずと道は開かれん』だった。
『ただ巻けば』どころか、『ただ落とす』だけで、喰い付いてきた魚の数の方が多かったほど。

本日、冬至。
10時、出航。
13時30分、沖上り。

今日のインチクはDAIWAパイレーツ170グラム
このインチクでは『ただ落とす』だけで喰い付いてくる魚はなかった。
が、『ただ巻けば、おのずと道は開かれん』はその通りで、ただ巻き中にアタリが頻発。
しかし、うまく乗せられない。
アタリの1/3も乗せられなかった。

081221_2
本日の釣果。
ソイ6、ガヤ、1、ホッケ1。

出竿海域はイタンキ沖根、水深50m。






【追記】
上まで書いて投稿したところ、終日さんから、画像添付のメールが来た。
ぎょらい(魚来)という220グラムのインチクがあるそう。
右の2個がそれで、ちなみに丸石さんで購入されたとか。

残りの6個は200グラムのインチク。
これも、なかなか手に入れにくい。
重いインチクを買い占めている人がいるというウワサは聞いていましたが、終日さんでしたかァ(^^;
00_6

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

インチク当たった、掛かった、なくした(^^)

081214_6 前記事の最後に、『集まった人に共通するのは、釣りが好きということだけ。そういう人の集まりにふさわしい朝模様となりました。』と書いた。

昨夕のビンゴゲームで、私にはイカツノ用ショットガン、ワーム、それにSHIMANOのインチク『炎月ボトムシップ160g』が当たった。

朝風呂に入り、朝食のご飯を2膳 食べ終えた頃、私も〝釣りが好き〟という人にふさわしい気持ちになってきた。
インチクで、釣りたい。

正午、出航。

160グラムのインチクだから40号相当の重さ。
私が沖根で使うオモリは100号以上。
なので、抵抗を抑えるため1号のPEラインを巻いたスピニングリールを使い、インチクを沈めた。

インチク、恐るべし。
ただフォールするだけ、ただ巻くだけ。
フォール中に当たったのが5尾、巻き上げ中に当たったのが2尾。

081214_7 8尾目を狙ってフォール。

で、最悪。
根掛かり。
インチク、ロスト(大泣き)

15時、沖上がり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

'08絵鞆マリン倶楽部総会・納会

081213_2
昨年の総会で、今年の総会は12月6日に行う旨、アナウンスしていましたが、6日に会場の確保ができず、予定を混乱させた倶楽部員もいたかも知れません。
にもかかわらず、今年もたくさんの倶楽部員のご参集を得ることができましたことに感謝します。
また、20年決算、21年予算案・執行部提案事項を審議いただき、了承していただけましたことに感謝します。

時代のデジタル化への流れは、倶楽部備品にも影響し、ダービー魚登録記録用に使用していたポラロイドカメラ修理困難とフィルム生産打ち切りに対処するため、デジタルカメラ・プリンターの新規購入があったことと、倶楽部ハウス内のパソコンの修理と対面閲覧用モニターの追設を行いました。
H20年決算繰越金がH19年に対し約10万円少ないのは、以上の事情によるもので、これは一時支出で繰り返し支出となるものではないことを補足しておきます。

さて、総会に引き続いて行われた納会。
今年もたくさんの釣り仲間と楽しい時間を過ごすことができました。

このような楽しい時間のために、日頃、絵鞆マリン倶楽部の活動にご理解いただいている皆様に、多くのご厚情をいただきました。
ここに記して、深謝の意を表します。
どうもありがとうございました。

  赤城さん                        金一封、自製仕掛け
  岩佐マリンさん               電動リール・船具
  桜場さん                        精米
  伝法谷さん                    金一封
    藤谷さん              金一封
  ホームライフ丸石さん      釣具
  宮森先生                       金一封
  麦倉さん                        金一封
  室蘭釣具中島町店さん   釣具
  森田さん                        金一封
                          (以上、50音順)
081213_3

よく釣る人の話を聞くと、私には『運』や『勘(かん)』にしか思えないことにも、理屈があるようです。
ところが、『なるほど。釣りは科学だなァ』と感心しながら話を聞いていると、同じ人が『喰う時はどんなことをしても喰ってくる』と言うのですから、釣りは分かりません。

『どんなことをしても喰ってくる』時が、誰にも等しい確率で起こるならば、毎年の釣りダービーの受賞者がバラケても良さそうですが、そんなことにはなりません。
結局、最後は熱心さを継続させた人が好釣果を得るようです。
今年の受賞者の皆さんはそんな方々でした。

ビンゴゲームは『運』次第。
と、思っていたら、電動リール獲得のおふたりは、いずれも釣りダービーの受賞者でもありました。
『熱心』さを継続できる人は、『運』さえも釣り上げるということなのでしょう。

明けて今朝。
穏やかな朝となったようで、夕べからそれを見込んで、アルコールの摂取を控えていた人たちが、夜明け前にチェックアウト、釣り場へ。

集まった人に共通するのは、釣りが好きということだけ。
そういう人の集まりにふさわしい朝模様となりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »