« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

終着駅は始発駅 Ⅰ

湿原はまだ枯れているが、やはり春、線路脇には緑が。
枯れたアシ原の中を走る根室本線と並行して車を進める。
行き着いた先は、東のさい果て根室駅。(注
日本最東端駅では、まだ除雪用具を片付けられない。

根室駅へ向かう列車は、全て下りで、根室駅から出る列車は、全て上りである。
東京駅が全ての起点駅だった旧国鉄時代も、札幌が起点駅となったJR北海道になってもそれは変わらない。
終着の車両は、そのまま始発車両になる。
終着駅は始発駅でもある。

(注正確には、根室駅ひとつ手前の東根室駅が最東端駅。
もちろん、行ってきた。

北のさい果て駅は稚内駅。
南のさい果て駅は指宿枕崎線の西大山駅。
西のさい果て駅は松浦鉄道西九州線のたびら平戸口駅。

北は5年前に家族と、南は25年前一人で、西は、一昨年、ここより更に西にある長崎県の某所へ同僚と出張した際に訪れている。
なので、今回の最東端駅訪問で、さい果て4駅制覇。
って、どーでもいいことだけど。

この川も、アメマス、サクラマス、アキアジ、カラフトマスが川を下り、そして川を上る、始発川かつ終着川。

この時期、釣り人が狙うのは海へ下るアメマス。
今年は春が早いと言う。
この川のアメマスは既に降海済みのようで、誰の竿も曲がることはなかった。
ってことで、私、ボーズです(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

旅の途中・・・

ここ数年、GWの時期になると、カレンダーの赤文字を黒く塗らなければならないことが続き、昨年のGWも、一昨年のGWも、その前の年のGWも、その前の前の年のGWもKON-chan号の出航記録はない。

今年は、カレンダーの赤文字は赤文字のままに、その上さらに、間に飛び飛びにある黒文字までも赤く塗った。
塗り終わったのは、27日の昼近く。

ジャズかロックかシャンソンか、はたまた、サンバかマンボかブルースか。
そんな音楽が聞こえてくる旅を考えたのだが、いかんせん、このハイシーズンに対しては、あまりにも準備期間が短すぎた。
んなわけで、ジャズでもロックでもシャンソンでもサンバでもマンボでもブルースでもなく、ド演歌『さい果て一人旅』。

080429_2

画像は、根室本線を東へと走る特急『まりも』。
このあたり(釧路市西部(旧音別町))は単線で、鉄橋の下を流れるのは音別川。
道東の川は豊饒で、この音別川も、アメマス、サクラマス、アキアジ、カラフトマスが川を下り、そして川を上る。

昨日、この川で、フライフィッシャーのマネごとを。
風が猛烈で、技術がマネごとレベルなので、釣りにならず。

まァ、まだ、旅の途中さ・・・

| コメント (5)

2008年4月20日 (日)

絵鞆マリン倶楽部安全祈願祭

例年、4月の20日前後の日曜日は、絵鞆マリン倶楽部の安全祈願祭で、今年は今日がその日。
この安全祈願祭の翌日から、本倶楽部の『釣りダービー』がスタートするので、今日は絵鞆の船釣り師の釣り元旦だと私は思っています。

ところで、明日から始まる『釣りダービー』について、昨年末の倶楽部総会で以下が議決されていますので、念のためここに掲載しておきます。(倶楽部ハウス内にも掲示してあります)

年間ダービー登録魚について
(1) 現在、①まがれい ②いしもち ③くろがしら ④あぶらこ ⑤特別賞 の区分となっている魚種から、『くろがしら』を特別賞魚に移行させ、『そうはち』をダービー魚とします

また、新たに 『ひらめ』、『そい(種類問わず)』 をダービー魚に加えます

従って、今シーズンの区分は、①まがれい ②いしもち ③そうはち ④あぶらこ ⑤ひらめ ⑥そい ⑦特別賞  となります。
(ダービー魚は身長1~5位までが受賞対象、特別賞は1位魚が受賞対象ですが、『ひらめ』と『そい』についてのみ、1~3位魚を受賞対象とすることで試行することから始めます)

(2)『特別賞』対象魚については、執行部役員会でその特定と評価を行うものとしますが、基本的な考え方は 以下の通りです。
①特殊な艤装を用いずとも、倶楽部員ならばチャンス次第では釣り上げえた魚種を対象とすることとし、原則的には5マイル海域内(室蘭港から旧4級、新2級免許での航行範囲内)での釣果を評価することにします。
特殊な艤装とは、船上および水中集魚灯(電池式のものは認める)、アウトリガー、その他、執行部役員会で、特殊な艤装と評価したものとします。

②具体的には、さけ、ます、さば、ばば、たかのは、かじか、たら、しいらなどです。

080420_2
【画像:左】
ボートヤードを一斉清掃後、安全祈願の神事。
健康・安全がなくては全てがありません。
我々の乗るような小船は、決して安全な乗り物とは言えないから、安全については今日に限らずいつも心していきたいものです。

【画像:右上】
パワーランチの準備の様子。

【画像:右下】
メインディッシュの『ニシン鍋』。
レシピ及びニシンは、ご子息がフランスで修行しているコックさんだという副会長のKさんからのご提供。
絶品。
うどんを入れて食べていた人もいたようです。

080420_1_2今日のボートヤード上空では、ヒバリが鳴き、快晴の空の太陽は気温をどんどん上げ、これが、最高のご馳走でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

まァ、まァ、かなァ

先週も、先々週も、さらにその前の週も、根からの魚信がなく、自分のウデの未熟さを棚に上げ、根には魚がいないのものだと思い込んでいた。
ところがなんと、昨日、某大型遊漁船が根で好釣とな。

棚に上げたはずの自分のウデの未熟さを棚からおろし、やはり船頭のウデなんだなァと、夕べは、自らを静かに見つめ直し、今日にそなえた、なんてことするほどの人間なら、もっと釣果が上がるように思う^^;

今朝、8時、出航。

取りあえずは、ソウハチで釣り癖を付けなきゃ。
という訳で、地球岬をかわす頃、KON-chan号海上無線局から発報。

『好釣海域はいずこなりや?』
返ってきたのが、『東経141°05′』
ベタナギ、微風。
が、ダメ。
6枚までは、出竿10分もたたない内にあがったけれど、以降、さっぱり。

ソウハチ6枚じゃ、釣り癖を付けたというには、ほど遠い。
ほど遠いけれども海域離脱。
本日の出航の主目的の根へ。

例によって、今日もヘタな釣りをしてしまい、オモリの喪失が2個、仕掛けの全損が1組(^^;
まァ、しかし、それでも今年になって、初めて根からの反応を感じることができ、ソイが2本にホッケが1本。

080413_2

HAPPY船長、いい頃合いに連絡を入れてくれて、サンキューでした。

おかげで、11時からの2時間ほどで、ソウハチを60枚ほど追加できました(^^)。

まァ、まァ、かなァ。
(左上のソウハチと、上のソイの下敷きになっているソウハチは大物で、頭と尾を落とさなければ、いずれも40cmオーバー)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

不釣の理由は、やはりウデかなァ(^^;

8時10分出航。

電車が動かないということで、ごった返す駅の様子というのが、時々、報道される。
動かないのにはもちろん原因があってのことだけど、乗客にはその説明がなかなかなされない。
説明があったところで、動かない状況が、動く状況に変わるわけではないけれど、たとえ『今のところ原因が分からない』という情報でもないよりはあったほうがいい。
同様に、釣れる情報はもちろん欲しいけれど、釣れない情報もそれなりに意味があるだろう、ということで・・・

増市沖根、地球岬沖根、いずれも不釣。

魚信が欲しく、ソウハチ海域へ。
私の竿にはソウハチからの魚信はなく、魚信がないくらいだから、当然、釣果もなし。

再び根へ。
幌別沖根、イタンキ沖根、いずれも不釣。
今日も下手な釣りをしてしまい、根掛りでオモリを2個取られる。

なお、上記情報は、私に限ってのこと(^^;
あとで聞いたら、ソウハチを150枚あげた人もいたんだと。

| コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »