« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

化けの皮がはがれる、お里が知れる、馬脚をあらわす、エトセトラ

8時30分出航。

ナギ良く、地球岬をかわした後は針路90度で29ノットの高速航海。
ほどなく水平線に船影多数。
ナギのイタンキ沖太平洋に大船団が形成されるも、本日、ソウハチは絶不釣。

KON-chan号では、釣れる気がせず〝根〟へ。

知ってるつもり、見たつもり。
やったつもり、できてるつもり。
〝何様のつもり〟の〝つもり〟もこの仲間。
〝つもり〟の気でいるのは危ない。

一昨年の末くらいから、KON-chan号では〝根〟の好釣が続き、〝根の釣り〟が分った〝つもり〟。
が、〝つもり〟はしょせん〝つもり〟で、化けの皮がはがれる、お里が知れる、馬脚をあらわす、エトセトラ(^^;

今までは、第一に運が良かった。
第二に運が良かった。
第三に運が良かった。
ただただ運が良かった。
それだけのこと。

今年になって、すでに何度か〝根〟で竿を出すもスカ続き。
根の裏に魚がひそんでいるのではないかと、もともとアバウトな釣りをする私が、更にいい加減で雑な釣りをして、仕掛けを深く沈めるものだから、根掛かりさせてばかりいる。

本日も、化けの皮がはがれる、お里が知れる、馬脚をあらわす、エトセトラで、オモリの喪失3個。

年が明けてから、オモリだけでも総重量で8kg(100号のオモリで20個相当)を喪失している(^^;
年末に46本結んだソイ針の在庫も16本に。

魚がいないンだと思って、倶楽部ハウスで、『根は空っぽですネ』と私。
ところが、根名人のN船長、『今年になってから、ソイを○○本あげてる』と。
ショックで、○○本というところが聞き取れなかった。
更に、『針は時々、折れる。だけど、オモリはなくしたことないなァ。』

〝つもり〟の気でいるのは、危ない。
化けの皮がはがれる、お里が知れる、馬脚をあらわす、エトセトラ。

あァ、オイラ、昨年の12月8日の本ブログに、『ソイってどうやっても釣れるんですネ』なんて、まさに、その気、そのつもり、何様のつもりの見本の記事を掲載している。
赤面、汗顔。
全面撤回したいけれど、私のこと、またツキで釣果を出した時、その気、そのつもり、何様のつもりの大ボラ吹くンだろうなァ。

早く、大ボラ吹きたい。

Konchan
【画像:上】
ソウハチ海域の大船団。
最外円の半径は0.75海里(約1.4km)。
その狭い範囲に100隻を超す船が集まった。



【画像:下】
ひねもす船長が撮ってくれた本日のKON-chan号。
快晴の空。
ナギの太平洋で竿を出したが、船中釣果はソウハチ1枚

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

春に酔う

5時40分出航。

今日の日の出は5時34分。
出航時の気温は1℃だったが、春分を過ぎて三日目の太陽は真東から昇り、鷲別沖太平洋上におだやかに光をそそいだ。
加えて、南からの風が更に気温を上げた。

『五月のそよ風をゼリーにして持ってきてください』と、70年ほど昔の3月のちょうど今頃、死の床にふせっていた若い詩人が、そう言って恋人を泣かせたという。
この詩人の恋人が、今日の陽気の中にいたとしたら、この五月のそよ風のような空気をゼリーに封じ込めようと、台所でゼラチンの封を切ったかも知れない。

今日は、ソウハチ釣り。

Spring_3
水の濁りが落ち、風も波も透明で柔らかい。
KON-chan号自体が、春の風と波のゼリーに閉じ込められたみたい。
手ごたえが感じられず、針掛かりさせられず。
春に酔ったかもしれない。
080323
本日の同乗者、R&M艇のH船長(左)とそのクルー(右)。

H船長70、クルー50、私25枚(^^;

| コメント (4)

2008年3月20日 (木)

言い訳もできない

天気図に、縦に混んで入っていた等圧線が横に寝てきて、春。

5時20分出航、沖へ。
今日もマス釣り。

風なくナギなのだが、南東から波長の短いうねりが入り、そのうねりの来る方向に船を進めるものだから、船速を上げられず、20ノットで巡航。

雪代水が、沖にまで達していてどこまで行っても濁りがキツイ。
東経141度13分125m海域まで進出。
ここまで来ても、濁りがキツイ。

が、1投目でマスヒット。
080320_2
結局、マスのアタリはこれ1尾のみ。
水がにごっているので、これ以上、釣れる気がしない。

90mラインまで戻り、ソウハチ。

マス場に雪代が入っているくらいだから、90m海域のソウハチ場はよりにごりがキツイ。

ソウハチの大きな群れが20mまで浮いて来て、魚が仕掛けに触っている感触が手に伝わってくるのに喰わないのも、このにごりのせいなのかも知れない。
という言い訳は通用しない

私、15枚。
ウデのいい人、3桁

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

乾燥した納豆

1ヶ月ぶりに、ナギの日曜日。
本日5時40分出航。
28ノットの高速航海で地球岬をかわし、太平洋へ。

ソウハチ狙いの100隻を超えようかという大船団が、早春のもやった空気を通して、こんな具合に海も空も陸も灰色に見える海域で竿を出した。(この大船団とKON-chan号間の距離は2海里強。この画角では東西に広く展開する船団の20%も写っていない)









ところで、胆振沖太平洋のサクラマスライセンスの規制期限は昨日まで。
このライセンス制が導入されたそもそもの目的はと言えば、『資源保護』と『漁場輻輳の緩和』。
3月16日からライセンス規制がなくなるということは、3月15日まで規制すれば、この目的が達成できるからということになる。
つまり、この時期、この海域には、保護すべきサクラマスはいないし、漁場輻輳のもとになるスケトウダラも職漁船やトロール船が漁を成り立たせるほどにはいないということで、それが証拠に、ここ2週間ほど、マスに関するいい話が聞こえてこない。

しかし、魚のこと。
3月16日を境にして、全くいないくなるというわけでもないだろう。
ということで、KON-chan号は、ソウハチ大船団を突っ切り、141度11分海域でマス毛鉤を泳がせた。

ベタ底から、仕掛けを5mずつ上げては毛鉤を泳がせる作業を4時間以上も続けるも、アタリもサワリもなし。

魚釣りでここまでネバったのは初めて。
が、ネバリも限界。
もう、止めて、あのソウハチ船団の中に入ろうかなァという気になりかかった11時ちょっと前、タナ85mでチビマスヒット。

その10分後、同じくタナ85mでレギュラーサイズがヒット。

先にも書いたように、今日からは正午で海域から退去しなければならないといったライセンス制限がないから、いつまでも、この海域にいて、マス仕掛けを泳がせていてもいいのだが、気分はとっくに乾燥した納豆状態。
ネバリっ気なし。

正午、海域離脱。

【追記1】
実は昨日も10時から14時まで海上にいて、舟見町沖根、地球岬沖根、トッカリショ沖根、イタンキ沖根で仕掛けを入れました。
20cmのギス1尾
根には、私のウデでは掛かる魚がいるように思えません。

【追記2】
今日、沖で会ったOctopusⅢ艇長さんへ。
KON-chan号は、あの後、西に0.5海里移動し、水深130mに入りました。
で、上記のような次第。
あの海域には、もう狙って釣れるほどのマスはいませんね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

確認

終日(ひねもす)さんの書かれた記事を読んで、私が書いた2月10日の記事『サンキュー、斉藤プロ』中の、

『7尾釣れた。小さいのを放流したい。放流基準は?』と終日さん。
私、『30cm未満は放流(注)』と応答しつつも、釣る人は釣るもんだと、リスペクト(尊敬する)という単語が、頭の中で30回くらいフラッシュするのを感じた(注:これは私の勘違い。採捕禁止は〝20cm未満〟。もっとも30cmに足りないサクラマスは見たことがない)


という内容が、噛み合っていないことに気付きました。
改めて、胆振海区委員会が指示しているサクラマス船釣りライセンス制の実施内容を確認してみると、昨年度までは、「釣獲魚の放流又は廃棄の禁止」がうたわれていましたが、今年度からは「釣獲魚の廃棄の禁止」となり、〝放流〟の言葉が消えています。
従って、今シーズンからは、大きさ、数を問わず放流していいことになります。
ということで、終日さんが記事中で言っていることが正しいですね。
なお、「全長20センチメートル未満は採捕禁止」なのは変わっていません。

私の早とちりは、昨年度までの指示が頭に残っていたからでした。
もっとも、『全長20センチメートル未満は採捕禁止』としつつ、『釣獲魚の放流又は廃棄の禁止』とした胆振海区委員会の今までの指示には文言に矛盾がありました。
昨年度までの指示の精神を言葉にすれば、釣獲魚の放流又は廃棄を禁止する。ただし、全長20センチメートル未満のサクラマスは放流しなければいけない」とでもしなければならなかったはずです。
が、必ずしも放流後に延命可能状態で釣獲されるとは限らないので、この文章は更に長文化し、「釣獲魚の放流又は廃棄を禁止するが、全長20センチメートル未満のサクラマスは放流しなければいけない。ただし、その全長20センチメートル未満のサクラマスが、釣獲時に絶命している場合、あるいは放流後の延命が期待できない場合は廃棄してはいけない」とでもしなければならなくなります。

みたいな理屈を言い出されることに対しての指示の変更ではなく、制限時刻まで十分な余裕がありながら定量者を出した遊漁船対応なのでしょう。
今年度からの指示であれば、定量者であっても、釣獲はできなくとも制限時刻までは釣りを楽しむことができます。

てなことを確認しなければならないのは、腕のいい人だけのこと。
週末になるとシケというパターンが続いて、丸々1ヶ月出漁できずにいる内に、上記指示の効力は今度の土曜日15日まで。
以降は、自分自身のルールで釣りをすることになります。

ところで、この記事の下に1本記事があったのですが、ブログエディタの操作ミスで消えてしまいました。
何をするにも確認は大事。
バックアップを取ってないので再掲不能となりましたが、しょせん、その程度の記事でしたということに。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »