« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

もっと自然体で

Ffm_2キャップにベスト着用だから、アメリカンスタイルのフライマン。
掛けた魚は鯉か鯛のように見えますが、アブラビレがあるからマス。
今日は、そんな彼がこんな風に見えるところで昼休み。

視線が、不自然ですね。
もっと自然な眼で、もっと長いロッドを持って欲しいと思うのですが・・・
それはそれとして。

フライマンの大多数は、左手にロッド、右手にリールのハンドルを持つことが多いのですが、この像は逆で、私と同じ手の使い方。
右利きの人の場合は、この像と同じ手の使い方をするのが理にかなっていると思うので、私はそうしているのですが、釣りは合理性だけでは説明できません。
よく釣る人は、竿を持ってなくとも釣りそうな不思議な雰囲気がただよっています。

私なんか、竿を持っていてさえ、よく言われます。
『KON-chan、それじゃァ、釣れないわ』
もっと自然体で、ってことらしいです

| コメント (0)

2008年2月10日 (日)

サンキュー、斉藤プロ

6時出航。

KON-chan号に遅れること2時間、8時出航の終日(ひねもす)さんと10時ころ17分海域で会合。

『7尾釣れた。小さいのを放流したい。放流基準は?』と終日さん。
私、『30cm未満は放流(注)と応答しつつも、釣る人は釣るもんだと、リスペクト(尊敬する)という単語が、頭の中で30回くらいフラッシュするのを感じた。
(注:これは私の勘違い。採捕禁止は〝20cm未満〟。もっとも30cmに足りないサクラマスは見たことがない)

が、今日は何だか私にも釣れそうな気がしていた。

本日、斉藤プロ同乗。
タナ、ポーズの入れ方を教えてもらいつつ、正午の規定時刻まで、サボらずに斉藤プロオリジナル仕掛けを泳がした。

で、こうなった(^o^)










斉藤プロ、定量(10尾)
私、自己新7尾(^o^)

| コメント (11) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

一昨昨日(さきおととい)のポイント

地球岬から鵡川までの沖合いに胆振海区サクラマスライセンス海域が設定されていて、経度長で0.9度、緯度幅で8.5分あり、その面積は約1700平方キロメートル。
これは、北海道の湖の面積の大きな順から、
  サロマ湖     150平方キロメートル
  屈斜路湖       79
  支笏湖         79
  洞爺湖         70
  能取湖        59
  風連湖        58
  網走湖         33
  厚岸湖         32
  摩周湖         19
  クッチャロ湖     14
と10番目まで足し合わせて、更に札幌市の面積1120平方キロメートルを足した広さになる。

胆振支庁がまとめたデータによれば、この広い海域で、延べで8千から1万2千人が竿を出し、その釣果は1シーズンで2万8千から4万7千尾。
1人平均1釣行に付き2尾(16年度)から4尾(14、18年度)釣れたに過ぎない。

魚種も季節も違うとはいえ、本海域と同じくライセンス期間が3ヶ月の支笏湖では、胆振沖サクラマス海域のわずか1/20の面積しかないのに、2万尾のヒメマスがあがるという。
そんな、こんなを思えば、太平洋の越冬サクラマス釣りはワリのいい釣りではない。

とか何とか、ああだとかこうだとか言いつつも、本日もマス釣り。
6時出航。

サクラマス越冬海域は広い。
昨日のポイントが今日もポイントかもしれない。
あるいは、昨日のポイントは今日のポイントではないかもしれない。
であっても、まずは昨日のポイントに入るのが普通だと思う。

が、KON-chan号は昨日のポイントも一昨日(おととい)のポイントもスルーして、一昨昨日(さきおととい)のポイントに走った。


樽前山がこんな風に見える海域まで、ロングクルーズ。
東経141度31分40秒。

不釣。

しばらくのち、アグネス船長から電話。
『17分でマス』

長い前置きだった。
ボ~ズ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

〝お先に失礼〟されちゃった(^^;

6時15分出航。
ナギ良く、28ノットの高速航海で、胆振沖太平洋サクラマス越冬海域へ。

昨シーズンは、『海水温の高い海域で竿を出せ』と言われた。
今シーズンは、一転、『海水温の低い海域を探せ』とのこと。
昨シーズンの胆振沖太平洋の海水温は全体的に低く、今シーズンの胆振沖太平洋の海水温は全体的に高いからで、NOAAの海水温画像でもそれが分る。
それが分ったからといって、成果に結び付く対応がとれるかどうかは別な次元の話(^^

080203_2 【画像:上】
結局、『日の出から正午まで』というライセンス制限時間一杯、水温がどうこうということとは関係なく、あちこち走り回って今日の釣りを終えた。
海ヤマメサイズがたった1尾(^^;


【画像:下】
KON-chan号は昨日から海上係留していたけれど、終日(ひねもす)さんはマリーナの始業時間(冬季の日曜は8時から)に下架。
だから、出航・出竿開始はKON-chan号より2時間ほど遅い。
なのに、ライセンス制限時間の正午までに、かなりの時間を残して帰航。

『定量(10尾)です』ってことのようだ。

お先に失礼されちゃった(^^;

【追記】
昨日は、私が知ってる限りで、19分、20分、31分で定量釣りをした人がいる。
水深は、99~110m。
タナは20m前後と70~80mに二分されているのが特徴的。

終日(ひねもす)さんからいただいたメールに10本のサクラマスが並んだ画像が添付されていました。
ここに掲載して、目の毒・・・じゃない、目の保養としましょう(^0^)

20_02_03

【更に追記】
この記事のおしまいに、
続きを読む "〝お先に失礼〟されちゃった(^^;" と出ますが、ブログエディタを間違って設定したまま記事をアップしたせいで、〝続き〟はありません。
この削除の仕方が分りません。
削除方法を知っている方がいたら教えて下さい。

続きを読む "〝お先に失礼〟されちゃった(^^;"

| コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »