« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月24日 (土)

♪東へ西へ♪

6時40分出航。

防波堤を出、サケを狙って北上。
結構厳しい海況。
なので、1時間北上しても、跳ねが見つけられなければ戻ろうと考えていた。
跳ねを探しながら、1時間。
豊浦沖まで船を進めたけれど、結局、跳ねは見つけられず、Uターン。
同じ時間かかって絵鞆沖まで戻り、港内には入らず、そのまま地球岬に向かい60m沖根で竿を出した。

今日の天気予報は、『北西の風、海上では北西の風やや強く 雨か雪、昼過ぎからくもり後晴れ 波 1m』。
〝波1m〟というのは当たっているけれど、〝海上では北西の風やや強く〟というのはどうかなァ。
〝北西の風やや強く〟なんてもんじゃなく、〝西の風かなり強い〟(^^;
プロペラを止めると、風に押されて船が2ノットで流される。
100号のオモリだと、仕掛けが海底までの60mを降りきらないうちに根から外れてしまう。
プロペラを逆転させても、アイドリング回転だと風に負けてしまい、全然釣りにならない。
オモリを150号にしたら、5回に3回は根から外れないうちに仕掛けが海底をたたくようになり、何とか釣りらしくなった。

根に船を止めると、西風に押されてコンパス針度きっかり90°(東)に流される。
流されて根から外れたら、コンパス針度きっかり270°(西)で風上にのぼる。
井上陽水の、♪だからガンバレ、みんなガンバレ、月は流れて東へ西へ♪のKON-chan号版(^^;

が、それも11時まで。
風に加えて雨まで落ちてきて、11時、沖上がり。

あとできいたら、マリーナから出た船はKON-chan号だけだったとのこと。
そりゃァ、そうだ。
こんな海況の日に、小船で乗り出し、〝東へ西へ〟をやってる船長はクレィジーそのもの(^^;

実釣はわずか2時間。
このわずかな時間で、針喪失4本、手前まつりで仕掛け全損1。

071124

でも、好釣(^0^)
ソイが17尾にホッケが1尾。
最大魚はクロゾイ50.5cm、2.2kg(^0^)

| コメント (0)

2007年11月17日 (土)

『走らせる』の2風景

SeaRoman船長に電話。
『KON-chan号はどこへ行けばいいでしょう?』
その返事が、『長万部沖まで来たけれど、サケの跳ねは見えない。風が強いので戻る』とのことで、終日(ひねもす)さんと地球岬をかわし、太平洋に出た。

8時40分出航。

今日は、寒さも風も一服。
陽に照らされた海面が明るくナギ。
ナギをいいことに、登別マリンパーク沖まで船を進めたが、ついにKON-chan号の前にサケは跳ねず。

11時、好天一転、西風が吹き、サケは跳ねないのにウサギが跳ね出したので、海域離脱、帰航。

ところがなんてこと。
帰港し上架するや風が落ち、その上さらに某艇船長より『防波堤のすぐそこで、サケが跳ねてた』とな(^^;

071117
さっきの風は何だったのだろう。
帰宅前、絵鞆の展望台から見る空も海も穏やかそのもの。

陽を背中にして絵筆を走らせる人がいた。
私は、ただ船を走らせただけだった。
本日、一投もせず(^^;

| コメント (0)

2007年11月10日 (土)

船団、一斉回頭

昨日、地球岬をかわした向こう側でサケが大漁だったとの情報。

今日の日の出は6時19分。
だから、6時出航。

考えることは皆同じようで、この時刻に集中して各艇が港外へ出、その上、行こうとする海域が同じものだから、何となく縦列船団を組むような感じになった。
ところが、前を走る某大型遊漁船が岬1海里手前で180°回頭。
その後、アグネスも180°回頭。
さらにその後、某大型遊漁船の僚船も180°回頭。

うねりが強く、釣りどころか、岬越えさえするような海況ではない。
地球岬をかわした向こう側にいるサケ、いずれ噴火湾に入るはずで、その時のお楽しみ。
ってことで、この縦列の最後尾にいたKON-chan号の前を走る船が1艇もいなくなったところで、私も地球岬手前で右回りで180°回頭した。

180°回頭した船の全てが、伊達火発沖に展開した。
時々、サケの跳ねが見え、魚はいるようだ。

陸から沖への風が強く吹き出してきて、海面が騒ぎ出した10時過ぎ、海域離脱、帰港。

071110
【画像:上】
本日、同僚のBさんが同乗。
他人に甘く自分には厳しいという人がいたら、是非、会わせて欲しい。
誰でも、自分には甘く他人に厳しいもの。

今日の厳しい海況の中、サケ釣り初めてのBさんには、船首に立ち、ルアーをキャストする正攻法の釣りに終始してもらった。
それが良かった(ってことにしたい)。
初ヒットのサケが、11フィートの長いルアーロッドを大きく曲げ、リールのドラグを鳴らしたが、無事タモにおさまった(^O^)

【画像:下】
再び言いたい。
他人に甘く自分には厳しいという人がいたら、是非、会わせて欲しい。
誰でも、自分には甘く他人に厳しいもの。
自分の横着はどこまでも許せてしまう(^^;

私、船長特権で、キャビンにこもりヒーターにあたりながらの横着釣法。
それでも、くる時はくる。
メスが2尾(^O^)

| コメント (0)

2007年11月 4日 (日)

船上食はアメリカン

8時出航。

港口は、10ノットも出せない波。
そこを通過し北上するに従い凪いだ海面が広がり、12、16、22ノットと速度を上げていくことができた。

本日の船上食はビッグマックにミニッツメイド オレンジジュースとアメリカンスタイル。
であるからして本日の釣行目的は、サケ釣りでもシャケ釣りでもアキアジ釣りでもなく、サーモンフィッシングと呼びたい、なんちゃって(^^;

竿を出せたのは1時間ちょっと。
10時には西風が吹き降りてきて、波の頭が白くなり、サーモンフィッシングの継続不可に。

ビッグマックとミニッツメイド オレンジは船上で完食・完飲。
今日は海上で遅い朝飯を食べたってことにしよう(^^;

Kon1911104r
画像は、アグネスクルーが撮ってくれたもの。
やっとたどり着いたサーモン漁場。
『いャー。さっきまで跳ねていたんだけど』と、アグネス船長。
ということで、竿を出す気力もなく呆然としている私。

| コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »