« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月29日 (水)

カラブリ

本日、深夜3時出航。
船団を組んで、函館沖に向かったのは、アグネス、SeaRoman、それにKON-chan号。

この時期に、この海域に向かったのだから、狙いはブリ。
が、いない魚を狙ってもダメ。
全艇、ブリの姿を見ず。

Hakodate_3
今日の函館沖は、ベタなぎ。
しかし、海況のいいことと釣果は無関係。
エサ用のイカを掛けようにも、そのイカの確保さえ一苦労。
『ブリが入るとイカがいなくなる』とは聞いていたけれど、その逆の『イカのいないのはブリがいる証拠』とは言えないようだ(^^;

マリーナ支配人曰く、『カラブリでしたかァ』。

Hakodate1_3
【画像:上】
SeaRoman艇。
親子孫の3代が乗船。
この『孫』が最後までジギングで通し、帰航途中ジグでマダラを4本。

ジギングってのがよく分からない。
フライでもルアーでも、ワームでもイカツノでも、これらは要するにベイトのイミテーションで、その発想は自然。
一方、ジギングという釣法は、私には非常に不思議、不自然。
落ちる・沈むという動きは自然界では当たり前だけど、上に急速に移動するという動きは、自然界では普通ではない。
いわゆるバーチカルジギングは、どういう経緯があって発想されたのか・・・
どうも、SeaRoman艇クルーの『孫』は、その発想ができるようだ。

【画像:中】
アグネス
もし、船団中1本だけブリが掛かるとしたら、この艇だろうと思っていた。
『試す』という手間隙を惜しまず、あり得る全てを『試す』人ばかりが乗っていたから。
今日も、あり得る全てを『試した』はず。
魚がいなかったのだから、今回の結果は仕方が無い。

【画像:下】
今日の私の相棒。
昨年のブリ釣行でも乗ってもらったTさん。
彼もジガー。
Tさんはジギングで通したが、私はTさんが組んだ仕掛けをもらい、イカ泳がせ釣り(^^;
ブリを掛けたら、正面から写したいと思う。


ところで、今回は日帰り釣行ゆえ、深夜の出航となった。
満月が中天にかかる夜だった。
夜間航海では、この満月がありがたい。
が、それは無いよりはマシといった程度のありがたみ。

夜の海上では、人の視覚は全くアテにならない。
我々の乗るようなプレジャーボートからの目線高さは、海面から2mほどしかない。
鳥や航空機パイロットのように高い所から俯瞰(ふかん)できる目を持たないモーターボート船長の視覚は、砂漠に迷い込んだ人が遠近の感覚を失い、遠い蜃気楼を近くに見たりするのに似て、浮標の遠近、町の明かりの遠近、漁船の灯火の遠近、他船の航行方向などの認識に混乱をきたす。
夜間航海とは難しいものだ。
というような話を、帰港後の倶楽部ハウスでした。

そのやっかいな夜間航海の、船団の先導艇を務めていただいたアグネス船長及び、クルーのI氏、K氏に感謝する次第です。

| コメント (2)

2007年8月26日 (日)

夏5目

8月最後の日曜日は、7時30分出航。

21′海域あたりが好漁のようだが、KON-chan号は13.5′海域で仕掛けを入れた。
家内からのリクエストは、『イカを10ハイ』。
遅い出漁だったので、イカはベタ底近くまで潜っていたけれど、10ハイあげるだけなら簡単で、要求の10ハイに対して、30ハイと大幅超過。

あげたばかりのイカをさばいてタンザクを作り、イタンキ沖根で出竿。

070826_2 
マゾイが2尾にシマゾイ・ガヤ・ホッケがそれぞれ1尾ずつ追加された。

気が付けば、夏の5目釣りとなった。

| コメント (0)

2007年8月25日 (土)

行く夏Ⅱ

羽田にて。

本日の首都圏、南よりの風。
従って、アプローチは北から(都心側から)。
16L滑走路に着陸寸前の旅客機の向こうに、プレジャーボートが見えた。Skysea

行く夏の海と空。
ボートと飛行機(注)が同じ画面におさまった。

(注)メインギアの車輪が6個。これがB777の特徴。
エンジンにゼネラル・エレクトリック社のロゴが見える。

| コメント (0)

2007年8月19日 (日)

行く夏Ⅰ

Summer

イタンキ浜にて。

このはるか沖合いに、イカがいるのだが、何だか沖に出る気にならず、KON-chan号、本日休漁。

【画像:上】
行く夏の海と空。
サーファーとパラモーター(注)が同じ画面におさまった。

【画像:下】
イルカウォッチング船が傾きかけた日に映える海から戻ってきた。

(注)動力を持たないのが、パラグライダー。
背中のプロペラの推力で飛行するのがパラモーター。

| コメント (0)

2007年8月15日 (水)

船頭冥利

5時出航。

本日の同乗者は、仕事仲間のSさんとMさん御夫妻。

Sさんからの前日のメールは『狙いはヒラメとイカとカレイ』という欲張りなもの。
もっとも、その欲張りな気分も理解できる。
仕事の方では色々あったし、現在も色々あるし、これからも色々あるし、ってことで、遊べる時には遊びまくろうよということでしょう。

私自身、ヒラメ、イカ、カレイを1日で揚げたことはない(^^;
こりゃァ、船頭の腕が試されるってもの。
(本職の船頭なら、どれかひとつに決めるンだと思う)

案の定、ヒラメについては、イワシを食いちぎられるという、今一歩というところまでいったけれど、結局、ノーヒット。

が、しかし、他は好釣。

風が降りてきて波の頭が白くなってきたので、イカ海域滞在時間は1時間ほどで、出竿は2本だけ。
そんな海況の中、しかも、Mさんは初めてイカをやるというのに船中70ハイと好漁。

風裏の地球岬東側でカレイ竿出竿。
ここでは、タモを出すこと3回。
Mさん(夫)、イシモチ。
Mさん(夫人)、タコ。
Sさん、マガレイ。

いいサイズのマガレイが全員にヒット。
船頭冥利とはこのこと。
070815

【画像:上】
Sさん。
雨が落ちるンじゃないかという予報でしたが、本釣行企画者としては、いい天気になって何よりだったのでは。

【画像:中】
Mさん。
45cmのイシモチ。
イワシ釣りの時から、どこか動きが違うなァと思ってました。
随分、釣り上げましたね。
大したモンです。

【画像:下】
Mさん夫人。
途中、船酔いでイカを経験させてあげられなかったのが船頭としては心残り。
が、いいサイズのマガレを掛けたし、タコを掛けるという珍しい経験ができたのはラッキーでした。

| コメント (0)

2007年8月14日 (火)

日陰干し

4時出航。
地球岬をかわした頃から、視程0.05海里ほどの濃いガス。
が、ベタなぎ。

141度17分の120m海域で、60mまでイカが浮いているという電話がHappy号船長からあり、情報海域まで行くも、エンジン音は聞こえるが姿は見えず。

Squid_3
KON-chan号は17分線上の113mから240mまでと、あちらこちらで仕掛けを入れてみたが、イカはどこにでもいた。
浅い海域では小さめのイカ、深い海域では大きめのイカが掛かるという傾向があって、KON-chan号船中は、やや大きめサイズが200強の水揚げ。

本日の相棒も、イチロ船長。

画像は、やや視界が開けてきた9時頃の様子。
この時刻になっても、視界は0.1海里。
今日の沖干しは、日干しにならず、日陰干し。

| コメント (0)

2007年8月12日 (日)

本日の最高気温32℃

4時半出航のつもりだったけれど、4時にはエンジンが回った。

19分120m海域に展開するイカ船団にKON-chan号を滑り込ませたあとは、流れるにまかせたが、8時までは入れ食いで、今日の水揚げのほぼ全てをこの時刻までに確保し終わった。

今日の釣りは簡単だった。
仕掛けを入れ、ラインの出が止まったら巻き上げる。
これを繰り返すだけ。

Squid
【画像:上】
地球岬をかわしたところにガスの壁があり、2海里ほど霧中航行を強いられたが、漁場海域上空は、青く深い夏空が広がった。

【画像:中】
竿を休めマイカの沖干し。
昨日の釣果もあるので、我が家への持ち帰りはこの沖干し10枚のみ。

【画像:下】
今日の相棒の、イチロ船長のSさん。
海の上では日陰の求めようがない。
射してくる陽光から皮膚を守るには、砂漠の民を真似る必要がある。

本日の最高気温32℃


船中水揚げは240強。

| コメント (0)

2007年8月11日 (土)

明日は早起きだァ

昨日17時の予報が

胆振・日高地方では、これから11日にかけて濃い霧がかかり見通しが悪いでしょう。また、11日明け方から宵のうちにかけて雷の発生する恐れがあります。落雷や突風、ひょう、濃霧による交通障害に注意して下さい。

なもんで、今朝はゆっくり起きて、6時40分出航。

出航は遅いのに、イカの3桁漁に対応すべく氷を20kg搭載と、ヤル気満々。
が、14分海域で出竿するも2桁にも届かず(^^;
(あとで聞いたら、この海域、8時までは良かったそうな。KON-chan号到着が、その〝良かった〟が終わった8時だった)

沖根回りに変更しようかなァと思った10時半、アグネス船長から、19分120m海域が好釣との情報。
26ノットで駆けつけるも、時すでに遅く、3桁には遠い51ハイ。

本日17時の予報が

北海道を気圧の谷が通過中で、大気の状態が非常に不安定になっています

不安定なのは〝大気〟であって〝海況〟ではないようだ。

明日は『8時までは良かった』を聞いて残念に思う事態にはならないはず。
明日の出航予定時刻は4時半(^0^)

Squid_4
【画像上】
アグネス船長が撮ってくれたKON-chan号。
暑い一日だった。
頭に手ぬぐいかぶるのは私の夏の定番ファッション(^^;

【画像下】
今日の釣果。

| コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

船長、山に登る

湖水面標高810m。
北海道の湖では最も標高の高いところにあります。

Lake_shikaribetsu
最大深度は108m。
日暮れ近く、湖面に霧が降りてきました。
然別湖で夕涼みしてきました。

| コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »