« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

サクラ前線南下中・・・のはずだったのだけど

胆振沖太平洋で越冬したサクラマスの遡上先は、噴火湾にそそぐ河川だったり、日高の河川だったり、遠いところでは津軽海峡を縦断した向こう側の日本海側河川だったりする(らしい)。
サクラマスの名前の由来通り、桜の季節から夏にかけて遡上するから、胆振沖太平洋から移動を開始しているのは間違いないところで、この移動先が分かれば、この先もしばらくサクラマスと遊べる。

本日、5時45分出航。

週刊釣り新聞の釣況MAP欄に『恵山沖 水深60~80mで1.5~2.5kgがいい人で7匹』という記事があったのを根拠に、防波堤を出ると、恵山岬に船首を合わせた。
が、波高こそ0.5mしかないけれど、ピッチの短い尖った硬い波が続き、船速が上がらない。

元々、赤イカを持参しての、かなり弱気な出漁だった。
あっさり、左転舵し、浮きソウハチ場へ。
6本針サビキを3回入れて14枚。
ヒット率78%と効率のいいスタートだが、4回目は投入しなかった。
海況好転、波の頭が丸く柔らかくなったのが、その理由。

で、再び、恵山岬に船首を合わせ、27ノットで南下した。

桜前線は北上中。
サクラマス前線は南下中。

Cape_esan_4

【画像1枚目】恵山岬灯台。絵鞆の船長にとっては、このあたりまで来ることがひとつの目標。
そのひとつ上の目標が、函館入港。
釣り新聞の記事が書いている〝恵山沖〟とは、この灯台のある岬をかわして、さらに南西に進まなければならないようだ。

【画像2枚目】様子が分からないものだから、船上で、ソウハチの頭・ハラワタ取りをしていたら、カモメも寄ってきたけど、磯舟も寄ってきた。

私、『室蘭から来ましたァー。このあたりでマス釣れますかァー』
『おォ、2、3日前までは、随分釣れたよォ。今日はダメだァ。』
この方、サクラマスヘラ曳き漁の本職さんでした。
本職がダメなのにKON-chan号で掛けられるわけがない。
わけがないので、バケ振りにも力が入らず、20回ほどで仕掛け収容。

【画像3枚目】水深90m付近にいたサクラマス1本釣り漁船。この画像ではハッキリしないが、非常に長い竿を自動でシャクっている。
しばらく見ていたが、ノーヒット。

【画像4枚目】爆釣中のソウハチ場だったが、これぽっちあげただけで離脱するのに、全く未練はなかった。

【画像5枚目】釣果の追加。往復80海里も航海をすれば、ソイの入ってる根の上を通過することもある(^o^)

| コメント (0)

2007年3月21日 (水)

タナぼけ

『春分の日』と『秋分の日』が国民の祝日なのに、『夏至』と『冬至』が国民の祝日でないという理由が分からない。
分からないことや、知らないことはいっぱいある。

本日、6時10分出航。
東経141°14′から15′海域にサクラマス船団が形成され、KON-chan号もそこに並んだ。

帰航途中で知ったことで、むしろ知らないほう良かったのだけど、『本日、サクラマス爆釣』だったとのこと。
(実は、先日の17日も、爆釣だったらしい)

マス爆釣日の今日、KON-chan号がやってたのは、スケソを掛けてはリリースする作業。
私が毛ばりを泳がせていたのは、スケソのタナ。

今日のマスのタナが分からなかった・・・
分からないことや、知らないことはいっぱいある。

| コメント (2)

2007年3月17日 (土)

サンキュー、終日(ひねもす)さん

本日、5時45分出航。
これで、今年になって9度目の出航となる。

年間を通して20回ちょっとしか海に出られなかった昨年のことを思えば、この冬はナギに恵まれ、週末船長としては十分に遊べたと言える。

一方で、釣果の方はパッとせず、前回までの8度の釣行で、船中でサクラマスの姿を見たのは5回、計13尾。
内、私自身の釣果は6尾と、例えば終日(ひねもす)さんなんかの1回分の釣果にも満たない。

KON-chan号らしい上品さとは言えるけど、このままで今シーズンを終えるのは、ちとサビシイ。
ということで、本日もサクラマス海域へ。

この魚、身長よりは、体高、厚みが評価されるので、○○cmと表現するより、□□kgと表現するのが、クロウトっぽい。
私の感覚では、
  2kg前後で、『オォ、いいカタ』
  2.5kgを越えると、『スゲ-なァ』
  3kg越えともなると、『一度、見てみたい』

漁期の終わりが遅い日本海や、遡上のために岸に近寄ったサクラマスには、もっと大きいのもいると聞いているけれど、胆振沖太平洋では3kgを越えたら船の上で飛び跳ねて喜んでいい大きさと言っていい。
私の場合は、2.5kgでも飛び跳ねて喜んでしまう。

昨夕、ひねもすさんから2.4kgのマスを東経141°13′海域でゲットした旨のメールをもらっていたので、真っ直ぐ13′海域に入ったのだが、大型トロール船3隻が操業中。

KON-chan号は東へ東へと追いやられ、結局、落ち着いて竿を出せたのは15′海域。

雪代水の影響は、陸から8海里沖の120m海域でも見られ、3月に入ってから海水温の低下と濁りが目立つ。
が、海水温が下がろうが、水が濁ろうが、釣っている人は釣っているのだから、魚はいる。

魚はいる。
魚はいる・・・はず。
魚はいる・・・のかなァ。

こない・・・

Trawl8時過ぎ、ひねもすさんからTEL。
『タナ、教えていなかった。100m』

もったいを付けずに、結果を言おう。
本日の釣果は3尾で、全てタナ100mでヒット。
3尾とも、2kg越え。

最大重量魚は2.75kg(^O^)

船の上で、マスも飛び跳ねたけど、私も飛び跳ねちゃった(^O^)

サンキュー、終日(ひねもす)さん

《画像:上》大型トロール船が、網を曳きながら走り回る。
こちらは『釣れたらいいなァ』だけど、あちらは生活がかかっている。
西から東へと、トロール漁が進んできて、それに伴い、遊漁船、プレジャーボートは東へ、東へと移動。

《画像:中》その内、トロール船3隻に、マス船団が囲まれるような配置に。
レーダー画面は最外円を3海里にして表示。
15、6隻のマス船団が、トロール船に囲まれるように寄り添っている。

《画像下》本日の釣果。
中央のマスが、最大重量魚。
2.75kg。

| コメント (0)

2007年3月10日 (土)

おんぶにだっこ

5時20分出航。
この時刻だと、夏の星座。
薄明が始まった南西の空に半月、その少し東にさそり座のアンタレスの赤、さらにその少し東に木星の黄色。
ナギ。

本日の日の出は、方位95°で5時58分。
あと10日ほどで、この日の出方位が90°となる春分となる。

東経141°14′で毛ばりを泳がせるもスカ。
16′も同上。
17′ちょいまで東上、大型遊漁船ベルーガと話ができるくらいの距離。
『タナ、何メートルですかァー』
『45、50』

当たり前だから書く必要もないけれど、問うたのは私で、答えたのはベルーガ船長。

75mなどと、全く的外れな深さに仕掛けを入れていた私は、それを聞いて50mまで仕掛けを上げて、ひと振り。
このひと振りで、マスヒット。
『アリガトォーゴザイマァース。イッパツでキマシタァー』

これで取り込みに成功したら、最高の出来だけど、カッコワルイことに、バラシ(^^;

でも、ま、10分後にやはり50mでヒット。

仕掛けは斎藤プロが置いていったもの。

タナさぐりも仕掛けも人任せの、おんぶにだっこ。

Dsc00979_1

ネバリが足りなかった。
今日は10時頃から、食いが立ったと、あとになって聞いたけど、その頃、KON-chan号はすでに地球岬沖まで帰航。

根で4流し、向こう合わせでソイ。
小さい
正午、沖上がり。

| コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

続・花を持ちたかったなァ

夜明け前の出航には月明かりがあると助かる。
だけど、西の空に、満月からちょっと欠けた月があるはずなのだけど、あいにく雲の中。
闇の中、5時20分、出航。

6時8分の日の出も雲の向こうで、いつの間にか夜から朝になっていった。

今日の天気予報は、『南東の風 後 やや強く 海上 では 後 南東の風 強く 晴れ 昼過ぎ から くもり波 1メートル 後 3メートル 』と、厳しい。
復航タイミングを気にしながらの釣行となったけれど、釣行時間中を通して、風は弱く波も立たなかった。


地球岬をかわすと、ソウハチ狙い船は舵そのまま、サクラマス狙い船は左転舵する。
KON-chan号は左に転舵、東上しマス海域に向かった。
白老沖海域到着、出竿ほどなくしてサクラマスヒット。
が、そのあとは毛ばりを泳がすもスケソのみ。

それほど時間が経過しないのに、かなりの規模で形成されていた船団がバラケて、東上する船、西下する船が出始めた。

天候悪化のため帰港するのではなく、マスがいないからの移動。
天気予報が天気予報だから、KON-chan号は帰航距離が短くなる方向、すなわち西下した。

その西下した先で、出竿間もなく強い引きがあり、本日2本目のサクラマスヒット。

今から分析すると、西に下ったのは正解で、マス狙い船の実際の釣果を聞くと、スケソ、ソウハチ、そしてチラホラとマス。
ソウハチを狙っていて、マスがきたりスケソがきたりというのは珍しくないことだけど、マスを狙っていて、ソウハチというのは聞いたことがない。
が、今日はどうもそういう日のようで、マスもいるけど、スケソもいて、ソウハチも浮いているという海域が良かったようだ。
つまり、浮きソウハチ漁場の〝やや沖め〟に入った船がいい目を見たことになる。
地球岬をかわし、舵そのままでソウハチ狙い船団を突っ切ったあたりに行けば良かったのだ。
残念ながら、KON-chan号、これに気付くのが遅く、〝やや沖め〟ってのが足りなかった。

070304


オッと、紹介が遅れた、本日の同乗者はS保さん。
で、もって、2本ヒットさせたのもS保さん。

船長?
本日の記事の題名の通り(^^;

本日、ラインを90m出したところで竿先のすぐ先で、ラインの高切れ。
仕掛け一式とライン90mを喪失(号泣)

| コメント (2)

2007年3月 3日 (土)

花を持ちたかったなァ

『花を持たせる』とは『相手を立てる』とか、『手柄を相手にゆずったりする』という意味で、〝実力のある者のみ〟が相手に対してなしえる行為。

営業接待の世界ではよくあることで、麻雀でワザとらしくなく負けてみたり、ゴルフで数打差で負けるようにスコアメーキングしたりなんてのは、客先に『花を持たせる』の例。
大切なのは、〝ワザとらしくなく〟、〝数打差〟でというところで、ドラで振り込んで親満を上げさせたり、残り2ホールであわてて、5パットを2回続けてホールアウトするなんてのは、ミエミエ過ぎで、かえって反感を買う。
〝ワザとらしくなく〟、〝数打差〟で負けるというのは、本当は楽々勝てるだけの実力がなければできないのである。

『花を持たせる』のだからといって、桜の枝を持たせたりしては、国語の教養を疑われる。
〝桜マス〟を持ってもらうことではないのも、もちろんのこと。

本日の同乗者、斎藤プロ。

昨日は良かったと聞いていたけれど、本日のサクラマス海域は全体に不釣。

そんな海域の雰囲気の中で、斎藤プロ、桜の『花を持った』。
Mrsaitoh_1

決して、船長に、『花を持たせ』てもらったわけではない。

冒頭で書いたように、『花を持たせる』ことができるのは、〝ワザとらしくなく〟、〝数打差〟でをなしえる〝実力のある者のみ〟。
今日の船長、〝ワザとらしくなく〟、〝数打差〟なんてものでなく、完全ボーズ(^^;

花を持たせてもらいたかったのは、こちらの方だった(号泣)

| コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »