« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

大晦日の釣り'06

8時出航。

『昨日より波はないねェ』と、昨日いい思いをした根の周りで竿を出した。
本日もN沢さんと。

『昨日より波はないねェ』という会話の前に、『かまど持ちなのに、こんな日に釣りに出るなんてお互いバカだねェ』とか『そうですねェ』という会話があったような気がする。
自分を的確に見つめることができるのは、それほどバカではない証拠だと腹の中で思っていたりするのだけど、少なくとも今日に限っては、この会話の内容は100%正しい。

11時、北西に吹かれ、7海里を帰ってくるのに1時間(^^;

まァしかし、N沢さん、大したモンだ5尾。
1231_2


マリーナに船の様子を見に来ていたのは終日(ひねもす)船長
ひねもすさん、名人釣り師だから、釣果を人に分けることがあっても、もらうなんてことは絶対あり得ない人。
もちろん、釣りバカ度では私のはるか上だけど、ほかの部分では決してバカなことをしないから、彼、こんなシケの日は当然休漁。

なのをいいことに、今日、苫小牧着のフェリーで御来道の千葉県野田市在住のharudanjiさんご夫妻にへと、こちらで勝手に理由をつけ、釣果を押し付けてきちゃいました(^^;
お菓子屋さんに、菓子折りの手土産を持たせるような、品格のない行為だこと(^^;

さて、これにて本年の釣り納め。
とは言っても、2日もすれば初釣りなんだけどサ(^0^)

| コメント (4)

2006年12月30日 (土)

年の瀬の釣り'06

今年のベストセラーは『国家の品格』。(と言っても、私は読んでないのだけど)
“品格”という言葉は、今年の流行語大賞にも選ばれたそうな。
その言葉に合わせたわけではないけれど、実に品格のある“上品な釣り”に徹したのが今年のKON-chan号だったと思う。
もっとも私の場合、“上品な釣り”とは、“大して釣れない”ということの言い換えみたいなもの(^^;

今朝、絵鞆の展望台から外海を見ていたら、絵鞆マリン倶楽部のベテラン船長のN沢さんとF田さんにバッタリ。
お二人とも、釣行スタイル。
こういう状況になった場合、相談は15秒でまとまる。

で、10分後の9時半、3人乗ってKON-chan号出航。
地球岬根へ。

風があってナギとは言えない海況。
今日も、“上品な釣り”になってしまうのかなァと思っていたけれど・・・

Yearend_fishing_3


クロゾイ×23
マゾイ×1
と、大漁。

根の釣りは、『船頭の釣り』だから、タックルや釣る人のウデというのは関係ないと思っていたけれど、イヤイヤ、どうして、今日は認識を改めることになった。
と言うのも、船中釣果の8割ほどは、N沢さん(左の人)が掛けたもの。

ソウハチタックルでは、ソイタックルに全く歯が立たない。
また、魚を掛ける前後の竿さばき、ここでワザをみせなければならない。
ということが分かったつもり(^^;


正午過ぎ、まだまだ釣れそうだったけれど、そこンとこをホドホドにして沖上がりとした。
気が付けば、外道は1尾もなし。
『品格』を感じさせる年の瀬の釣りになった(ような気がする)(^^;

| コメント (2)

2006年12月17日 (日)

海の落ち穂拾い

冬の朝の冷えた空気の中に立ち、『身が引き締まるなァ』なんて、武道家が朝稽古する前のような気分で深呼吸なんかしてはいけない。
してはいけないのに、したので、冷たい空気に呼吸器が驚き、ゲホゲホと咳き込むハメに。
肩のあたりがゾクゾクザワザワする。
どうもカゼのひき始めのような症状。

だけどナギ。
だから出航(^^;

ソウハチが釣れてる、スケソも釣れてると聞いていたけれど、イタンキ沖根へ。
地球岬をかわして50m根がある東方向に転舵すると視界の先には、某大型遊漁船。

先客優先(^^;

今日は某大型遊漁船の釣り落としを拾っていく釣りになってしまった。

昨夜、作った仕掛けは10組。
根掛かりでのロストが3組。
ハリスを70cmと長めに作ったのが災いし、仕掛けの手前祭りが4組。
結局、沖上がりまでに残った仕掛けはわずか3組と、下手な釣りに終始。

061217

本日の釣果。
クロゾイ×3、マゾイ×2、ガヤ×1、ホッケ×1。
どれも小さい。

本日は海の『落ち穂拾い』をしたってことにしよう。

| コメント (0)

2006年12月11日 (月)

目指せ夢の50cm、そしてお礼

会員の中には、自己記録を越えない釣果は登録しないという個人ルールを作っている人もいるし、実力がありながら、都合で漁期に出航できなかったという人もいるし、時にはラッキーヒットということもないわけではないけれど、約半年間にわたって行われる『絵鞆マリン倶楽部釣りダービー』の結果を見ると、やはり工夫・研究している人、粘り強い人が上位に入る。
絵鞆マリン倶楽部の総会のあとの宴会では、この釣りダービー上位者の表彰があり、これは表彰される人はもちろん嬉しいはずだし、その記録を聞き、自分たちのフィールドにそんな大きさの魚がいると知ることは励み・目標になる。

今シーズン、たった1枚しかマガレイを掛けていない私がこんなことを言うのは僭越至極な話。
だけど、来年の私の目標は、マガレイ部門で『目指せ夢の50cm』
某氏によると、あの海域には『いる』とのこと(^O^)


さて、いち倶楽部員としての、来年の目標の表明をさせていただいたあとに、これまた僭越至極ですが、絵鞆マリン倶楽部会長として次を書き加えさせていただきます。

ダービー表彰式のあとの楽しみはビンゴ。
会費からも景品を準備しましたが、日頃より当倶楽部の活動に理解とご支援をいただいている、
岩佐マリンさん
斉藤プロ
桜庭さん
宮森さん
麦倉さん
室蘭釣具さん
(50音順)
から豪華景品の御提供がありました。
追って、皆様には御礼申し上げる所存ですが、この場でも感謝申し上げます。
御提供品により、釣り談義の場は更に盛り上がりましたことを報告させていただきます。
画像は、笑い満面の集合写真です。
Photo_1

| コメント (0)

2006年12月10日 (日)

絵鞆マリン倶楽部納会

もう、『納会』時期なんですねェ。

例年、市内の宴会場で行っていた絵鞆マリン倶楽部の総会とそれに続く懇親会を、今年は登別温泉のパークホテルで昨夜開催。
宿泊懇親会は初めての試みでしたが、例年に劣らない参加者数となり盛会となりました。

総会では、決算・予算案、執行部からの提案事項が、特に異議なく承認され宴会へ。

趣味が同じというだけで集まっている倶楽部員だから、様々な年代、職歴、経歴の人がいて、その有する経験・技術・知識・特技の総合力は、深く・鋭く・広い。
更に、各方面に“顔がきく”人もいて、このホテルもその“顔”で手配されたもの。
I佐氏が原口沖で掛けた9.5キロのブリもホテルの板場でキレイにさばかれ、宴席に出されました。

今年は(今年も)、年間ダービー登録魚のない私は、豪華景品ぞろいのビンゴゲームに今年最後の運を賭けることに。
悪運尽きず、精米10kgゲット(^0^)
Dsc00889resize

翌日はシケ予報だから、早起きの必要なし。
日が変わる時刻まで、飲み・語らうことができる『あずましい』一夜になりました。

| コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »